家族葬のマナーはどうなっているのか

一般の葬儀と家族葬ではマナーが違うの?小さなお葬式での作法を説明します。

メインイメージ

9月, 2014年

霊園と分骨

2014-09-20

 お墓はもちろんひとつの「文化」ですから、お墓が集まる「霊園」についても、これはやはり「文化」であるといえるかもしれません。もともとお墓(霊園)というのは、一緒に暮らしてきた人の肉体が滅びたのち、その魂とともに未来を生きるという、「生」に対する強い決意を改めるためのものであるとも考えられています。

分骨

 そのひとつの表れが、「分骨」という考え方です。「分骨」というと、おそらくみなさんは、歴史上の偉人たちが亡くなった際に、その遺骨を日本全国に分祀したという歴史的事実をイメージするかと思いますが、実は、ごく近しい人のご遺骨を分骨するという考え方は、その昔から生きており、これは現代なおごくふつうに行われる習慣でもあります。
 私たちにとって身近な「分骨」が何を意味するのかというと、つまりこれは、自分の家の近くにお墓をつくる、ということを意味しています。もちろんお墓は簡単に自作できるというものではありません。これは、すでに法律で決められていることですから、自宅付近のお寺や霊園に分祀することが必要になるのです。かつては、分骨したご遺骨をそのまま手元において、お墓を新たにつくることはしないという考え方が主流だったようですが、しかし近年では、そういった考え方はほとんどなされなくなっています。
 霊園に眠るご遺骨を分骨するときには、所定の手続きが必要になります。つまり、故人をその霊園に埋葬する際に、あらかじめ「分骨証明書」といったたぐいの証明書類が必要になるのです。この場合は、火葬場ですぐに分骨するということになります。ただ、死亡から埋葬まではそれほど時間がないのがふつうですから、一度埋葬したご遺骨を改めて分骨するというケースも最近では多くなってきています。

しっかりと話し合いをしましょう

 ですから、特に後者の分骨に関しては、霊園のほうとしっかりと話合いをしておいて、いざ分骨するというときにはちゃんと証明書類を提示し、トラブルが起こらないようにすることが大切であるといえます。

霊園の決定と納骨

2014-09-19

 霊園を決定するために考えなければならないことはいろいろあります。つまり、それだけ霊園を決定するための判断材料がたくさんあるということを意味しています。逆に言えば、それだけ材料がたくさんあるのだから、これらをひとつずつクリアしていけば自然に霊園を決定することができるということにもなるわけです。しかし逆に、あまりにも判断材料が多すぎてしまうと、今度は絞り込みができないというアクシデントに見舞われてしまう可能性もあるということですから、何を重視すべきかという優先順位をしっかりとあらかじめつけておく必要はあるでしょう。

費用以外に考えなければいけないこと

 さて、霊園を決定する上で重要になるのは、もちろん費用面がその最大のファクターであるとしても、それ以外ではいったい何を考えなければならないか、というところしっかりと吟味する必要があります。そんなときふと思い浮かぶのが、「納骨の方法」です。
 日本の場合、やはり圧倒的に仏式による納骨が多いわけですから、そうなると今度は宗教・宗派との絡みがやや面倒なことになるケースは多いです。ただ、基本的には仏式の場合、宗教・宗派を問わず、「納骨のタイミング」に関してはだいたい一致を見るところであるといえるでしょう。
 つまり、「初七日」から「四十九日」という特定の日、およびその期間に納骨が行われることが圧倒的に多くなります。ですから、それまでに霊園をしっかりと決定できていることが必要になります。もちろん、「一周忌」や「三回忌」などに合わせて納骨するというケースも見られますが、しかしこれはどちらかといえば稀なケースであるといえるでしょう。いずれにしても、霊園に関しては少なくとも「初七日」までに決定しておくことが望ましいといえるはずです。
 ちなみに、神式の納骨では、「五十日祭」が納骨の最終期限になると考えられるのが一般的です。ですから、仏式でいう「四十九日」と近いスケジュールになるわけです。
 ですから、納骨との絡みで霊園決定をするというのがひとつの考え方になります。

元上司が亡くなって、自分の墓についても考えるようになりました

2014-09-18

お墓をいつ買うか!?、先日元上司の葬式の帰りに考えました。
といっても私はまだ20年は死なないと思うので今すぐ買おうとは思いませんが、でももしかしたら明日車に轢かれて死ぬかもしれないし・・ エボラ出血熱になるかもしれないし・・将来のことはわかりません。

生前に考えておくことが大切

“○○家の墓”があるならそこに入ればいいと思いますが、無い場合は新しく買わねばなりません。別に散骨でもいいと思いますし、遺骨はお墓にいれなければならないという法律もないので自宅に置いてても大丈夫です。
新しくお墓を作るなら、49日後とか一周忌とかを目安にするといいそうです。
「生きてる時に墓の話をするなんて不謹慎!」という人もいると思いますが、自分の死後もちゃんと自分で責任をとるというのは大人として正しいと思います。「死んだ後はしらなーい」の方が迷惑です。
だから私は生きてるうちにお墓を買おうと思っています。
元上司から1年くらい前に「俺はもうすぐ死ぬからお墓を買おう探してる」ってメールが来たのでそれの影響もあるかもしれません。元上司からお墓の写真を見せられて「どっちが良い?」と何か車でも買うかのように見せられて気まずい感じはありましたが、最後の高価な買い物としてそれも良いなと思いました。
お墓を買うにあたって大事なのは土地なんだそうです。お墓を建てる時は墓地の区画を借りる(買うのではない)わけですが、最近はその区画がなかなか無いそうなんです。
土地がないのにお墓があっても意味がなく、立派なお墓を買ってもそれに合った土地の広さがないと意味がないわけです。

場所や環境が大切

まずは自分にとって十分な広さの墓地の土地を得ることから始めましょう。
狭くてお墓が置けないは問題ですが、広すぎて、でもお墓は小さいなら砂利とかで誤魔化せます。
あと、墓地のアクセスについて、あまり急斜面とか山奥はやめましょう。老人が墓参りできません。最近は老人が墓参りしやすいようにお墓を移動するというのもあるそうです。

霊園、寺院とは無関係の埋葬

2014-09-17

 近年、「埋葬」、あるいは「納骨」についての考え方が非常に多様化してきています。従来の形であれば、当然故人のご遺骨が「お墓」の中に眠ることになるわけであり、そしてそのお墓はいったいどこにあるのかというと、これは当然「寺院」や「霊園」ということになるわけです。

自然葬

 生きている人間でも、当然「あまり他者との付き合いを持ちたくない」と考える人がいて、それ自体は別段責められるべき理由もないのですが、特に死後の世界というのは「永遠」であると解釈する人は多く、生前あまり人付き合いを好まなかった人々は、死後の世界でも同じような発想でイメージする人が多くなるようです。その結果、いろいろなところから集まってきた霊が眠る寺院や霊園といった限定されたスペースの一角に自分が眠るといことをよしとしない人もいるのです。
 そういった考え方の人々が好んで選択する方法が、「自然葬」ということになります。もちろん、自由にご遺骨を散骨するわけにはいきませんので、自然葬に関しても、散骨(埋葬)する場所によっては寺院、もしくは霊園が管轄することになりますから、その意味では、完全に寺院、霊園と「無関係」とは言えないまでも、「自分が眠る場所」という意味で言えば、これは当然寺院でも霊園でもないわけですから、そういった場所とは「無関係」であるという解釈もできることになります。
 では、自然葬には果たしてどんな種類の埋葬方法があるのかというと、比較的ポピュラーな方法が「樹木葬」になります。そのほかにも「海洋葬」、「空中葬」、「宇宙葬」というトータルで4種類が、一般的には「自然葬」と呼ばれることになります。
 これらの方法では、それぞれ埋葬に必要な費用が異なることになりますので、同じ「自然葬」といっても、墓石がない分安く埋葬することができるというものではないということに関しては、間違えないようにすべきでしょう。
 こういった、「霊園や寺院と無関係な埋葬」、つまりは「納骨とは無関係の埋葬」は、今後も注目を集めることになるでしょう。

アーカイブ

カテゴリー

2014年9月
    1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Copyright© 2014 家族葬のマナーはどうなっているのか All Rights Reserved.