お墓を選ぶ基準は?

お墓の購入を考えている方へ。良いお墓選びのコツを紹介します。

メインイメージ

分骨についていろいろと調べて考えました

先月、大好きだったお婆ちゃんが死んでしまいました。
私の両親は共働きだったので小学校が終わったらいつもお婆ちゃんちに行ってお母さんが帰ってくるまで過ごしていました。
padresehijos2中学になっても家ではなくお婆ちゃんちに行くくらいでした。
私の考え方や常識や料理等はお婆ちゃんが作ったものだと思います。
最近知ったのですが、「分骨」というのが可能だったみたいでした。「分骨」とはその名の通り、骨を分けるわけです。
今私は大阪にいて、たぶんこれから結婚してこのまま大阪人になると思います。実家は北海道なのでなかなか帰れないと思います。
だからいつもお婆ちゃんのそばにいられる「分骨」は凄く興味がありました。
「分骨」はお墓に入る前にやれば簡単だったみたいですが、お墓に入った後の「分骨」は分骨証明書の発行が必要だったり、それなりに儀式的なこともあり、出費もあるそうでなかなか気軽にできないそうです。
一応「遺体」という扱いなので、それを勝手に出したり入れたり分けたりすることは問題なんだそうです。
「分骨」についていろいろ調べていると、オブジェのようなお墓を作り、その中に入れて部屋に置く物や、ペンダントに骨を入れて肌身離さず持つ者や、指輪にして持つ者等いろいろな方法でやっているみたいでした。
あと、遺言には「骨は全て海に撒いてください」と書いていたのに、家族会議で全てだと問題があるとかいう理由で、一部を撒き、ほとんどを家のお墓に残すということもあるそうです。

padresehijosあと、「分骨」をした方についてですが、お寺の住職の話によると、「分骨」して小さな骨壷に入れて持って帰っても、何日かすると部屋の隅に置かれ、あげくのはてには忘れ去られ、倉庫にあればまだ良いくらいで、最悪の場合燃えないゴミやびん缶の日に出されてしまうこともあるそうです。
一時期の気持ちだけで分骨することはやめたほうがいいとも言っていました。
私は今も分骨したいです。でもこんな私でも気持ちが無くなってしまうのかと思うと辛いです。

いまだ独身の息子の後にお墓を守る者がいません

私達夫婦には悩みがあります。今年50歳になる息子が今も独身なのです。
このままでは、先祖やこれから私達が入るお墓を守る者がいなくなるのです。
息子は現在東京にいて、これからも東京で暮らし帰ってくる気はないそうです。なんとかしてお墓を守ってもらいたいのですが、興味ないの一点張りで困ってしまっています。
最近は、お墓を移動する「改葬」というのも一般的になってきているそうです。もしこのまま息子が帰ってこないのなら、せめて息子の近くに、東京の墓地に改葬できれば私達の面子も保てるのかと思いました。
改葬の種類はいくつかあって、私達の場合は、全てのお骨を移動し、新しいお墓を作ってそこに入るという方法です。
現在のお墓も移動することができますが、結構劣化していて古い感じがしますので、東京の墓地には合わないと考え、新しくすることにしました。
改葬についてははじめての霊園選びの相談窓口がありますので、何度か相談しました。面倒なことは嫌なので、お金でなんとかなるなら全て専門の方にお任せしたいと考えています。
まだ私達夫婦は元気ですが、二人とも逝ってしまう前に新しいお墓を作りたいと思っています。とくに主人が死んでしまっては、私一人ではどうしようもないので、とにかく主人に早く作るようお願いしております。
息子は、改葬して東京に移動しても、お墓参りはしないと言っています。でも将来息子が嫁をもらったら、そのお嫁さんにお願いしようと思っています。
そのためにも早急にお嫁さんをもらって、私達夫婦を安心させてほしいです。
お墓の跡取り不足の問題については、私達家族だけではなく、近所の家族でも増えているようです。お子さんが娘さんだけで、その娘さんが嫁いでしまったり、中には、結婚して子供もできたが離婚して、再び独身男性となったりも。
最初は、こんな状況になって、ご先祖様や近所に恥ずかしいと考えましたが、どこの家庭にも起きてきた同じような悩みと知って多少は楽になりました。

アーカイブ

カテゴリー

2014年11月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Copyright© 2014 お墓を選ぶ基準は? All Rights Reserved.